危険昔にスーパーでのセールで働いた店は、誰も入ってこないような店でした。その店のグッズの実録を読んだり、覚えたりして初めはやる事がありましたが、それも頭に入ってきて分かってくるようになると、あとは清掃、グッズの総括、少しの任務任務を終えてしまうとやる事がなくなってしまいました。人物が入って来ないってことすることも出来ないし、ただ人物が加わるのを後回しし、8休暇ぶっ続け暇に耐えるのみという任務でした。ただしスーパーの職員からの視線もありますし、シートを書いてる振りぐらいしか時間を潰すことが出来なかったので、材料で利き手でない左手でスローガンを書く発達をしました。初めはよっぽどかけませんでしたが、年中きっぱり続けていると、次第にそれなりに影画も取り去れるようになって見つかるもので、いまでは右手とおんなじ限度では書けてはいませんが、普通に利き手でない手で書いたとは思えない限度までスローガンを書き込めるようになりました。実に両手が書けるってプライド芸で含み笑いを取れたりして役立っています。xn--cckexcu1mi9d.jp