残りものを二度と賢く。

一昨日の夜中、サパーに作った焼きそばが残ってしまったから、今夜はその焼きそばにひと手間加えてサパーの加減ができたことに大喜びでした。
残りものを賢くいただけたことと、たまたま今日はカタチパイ節約できたようで有利した気分になってうれしかったのです。
居残る焼きそばは、刻んだキャベツを混ぜて作ったお好み焼きの故郷の間に挟んで焼きました。
関西ぶりお好み焼きをイメージして焼いたモダン焼き風に変更。
余る焼きそばを以て台に描き出すよりも、別の用事に変えたほうが喜んで食べてもらえる。
喜んで食べて貰えるの知ってるから、定める私も楽しんでランチタイムの用意ができるのです。
もしもこれが、Offの昼飯だったからにはロールパンにその焼きそばをはさんで焼きそばパンに変身していたことでしょう。
そうしてもしも残ってた焼きそばの体積が僅か多かったら、温めた焼きそばを一層お皿に分けておいてフライパンで焼いた出来立てのアツアツ半熟卵をかけていただいていたでしょう。
焼きそばが種類用事に変身してもらえる。
これだったら、同じ焼きそばも飽きません。
ちょこっと手を加えて別の用事 にすると、残り物も「残り物じゃないよー」って言われてるチック。http://オリーブジュースカプセル.jp/

Englishの歌をお子さんといった聞く間

我々はYouTubeで子どもたちにイングリッシュの歌を聞かせてある。3年という1年のほんのりまともに伝達も出来ないような月齢ですが、普段から聞かせることによってビジョンは分からなくても口ずさむようになってきました。今は意味がわからなくても父兄が話している言い回しを自然と受け取るようにイングリッシュのビジョンも自然とわかってくるかな?としていらっしゃる。
近々東京オリンピックが開催されたり国外のこちらとのやり取りは自然と増えてくると思っています。最近は小学校もイングリッシュが要求行程に加算されたりガンガン外国の俗習を組み入れるようになってきています。子どもたちが大きくなったときは今以上に国外のこちらたちという交流する事柄は加わるでしょう。なので幾らか迷惑なく喋れる場面を当社父兄が積極的に作って行かなくてはとしていらっしゃる。英会話勉強に行かせるのが手早いのかもしれませんが金銭的空席もないので、今はYouTubeで我慢してもらってますが、子どもたちは子どもたちなりに口ずさんだり、踊ったりしてくれてるのでそれだけも美しいし面白いので今のままもいいかな?なんて思ったりしてます。http://アンチエイジングサプリ.biz/